男女

まずは相場を調べて比較|都会での引越しは慎重に進めよう

業者の探し方

レディ

急な引越しが決まったら、スピード見積もりを利用してみると良いでしょう。スピード見積もりを利用すれば、自分に合った業者を手早く見つけることができます。見積もりを見るときは、自分の利用したいサービスが含まれているかどうかをチェックしておきましょう。

もっと読む

安い業者を探す方法

ダンボール

近距離の引越しであれば、単身パックを利用することで費用を大幅に安く抑えることができます。格安の引越し業者を探し出すときは、訪問見積もりの際に営業マンの態度をチェックして、信頼できる業者かどうかを確かめておきましょう。

もっと読む

専門業者より安い

箱

赤帽は宅配便を専門にしていると思っている人も多いのですが、宅配便では運べない荷物を運んで貰うこともできます。引越しのためにも利用することが可能で、専門の引越し会社に依頼するよりも安く済むケースが多いと言われています。

もっと読む

輸送手段ごとの特徴

女性

輸送するときの注意点

東京から福岡への引越しは、輸送コストも日程もある程度かかるので、相場も高いのが現状です。トラックをチャーターして行う引越しが最も簡単で予定を立てやすいです。しかし、時期によっては相場が高くなる場合があります。トラックよりも安いのがコンテナ便です。コンテナ便では荷物を鉄道で輸送します。安いのがメリットですが、荷物を積み下ろしをする過程で傷がつく恐れがあります。東京から福岡への引越しの場合、航空便やフェリー便を利用するという方法もあります。ただし、航空便は荷物が少ない一人暮らし向けです。基本的に航空便もフェリー便も荷物を積み下ろしする工程が多く、引越しに時間がかかります。東京から福岡は、フェリー便で1週間かかる場合もあるので注意が必要です。

一人暮らしをするなら

一人暮らしのために福岡から東京に上京するなら、コンテナ便がお勧めです。コンテナ便はとにかく安く引越したい人向けです。ワンルーム程度の荷物の量なら、約5万円ほどで利用できます。お金よりもスピードを重視したい人には航空便があります。航空便のプランによっては、翌日に東京まで荷物を届けてくれます。ただし、コンテナ便よりも料金が高くつきます。また、航空便は天候に左右されやすく、翌日に荷物が届かない場合もあります。料金と日程とのバランスがよく、利用しやすいのが引越し業者です。一人暮らしの引越しの場合は、2トントラックで荷物を運搬します。福岡から東京までは2日ほどです。引越し業者は値切りやすいので、交渉次第ではコンテナ便よりも安く引越しできる可能性があります。